ホーム > ほうれい線 > ほうれい線を消すとどうなるかを想像してみる

ほうれい線を消すとどうなるかを想像してみる

常に口角を上げることを意識していても、仕事をバリバリこなしていても、ほうれい線ができるのは防げないんだなとテレビを見ていて思いました。年齢を重ねるとどうしようもないことかもしれませんが、顔の中で結構目立っているので気になってしまいます。ほうれい線を消すことができたら、顔の印象も違ってくるだろうなという気がします。10歳20歳くらいは若返るかもしれません。そうなるとでも、年齢を重ねたおかげで出てきた言葉の重みやオーラがなくなってしまうかもしれませんね。立場がある人の場合は、ほうれい線もあったほうがいいかもしれません。童顔だと信用されないというのと同じですね。

 

ほうれい線を消すとどうなるか想像すると

 

ほうれい線があっても素敵だなと思われるためには、みんなに認めてもらえるような行動をすることですね。髪形も服装も古臭くなく、でも若者よりでもなく自分に似合っているもの(この判断が難しいですが)を選び、いつも人から見られているという意識でいるのが大切かもしれません。見た目がどんなに素敵な人でも、お店の中や電車の中で傍若無人な振る舞いをしていたらドン引きですからね。時々いますよね。旅の恥はかき捨てじゃないですけど、自分を知っている人がいないところではアレレな行動をする人。