ホーム > 慢性便秘 > 慢性便秘でも思い切って突っ走ってみるのも大事

慢性便秘でも思い切って突っ走ってみるのも大事

慢性便秘の人って、便秘の状態が当たり前になっているんですよね。きっと。毎日出た時は逆に「どうしたんだろう」って感じるのでしょうか。便秘じゃない人がたまに便秘になると「どうしよう」って感じるのとはまた違いますよね。便秘になって「どうしよう」と思わなくなってくるその慣れが、慢性便秘への第一歩かもしれません。慣れって怖いですからね。それが普通になってしまうと別に何も感じなくなります。人に話した時に「おかしいよ」と言われて、おかしな状態に慣れてしまっていることに気付かされるんですよね。他人からの指摘って大切だと思います。誰かが指摘するということは、周囲の人もそう思っている場合が多いですからね。それを受け流すのか逆切れするのか、受け入れて改めるのかで今後が変わると言っても過言ではないでしょう。

 

慢性便秘でも思い切って

 

そういえばおかしいよな、と感じてやっと便秘対策に取り組めるのではないでしょうか。自己流でやっても出なかった人は、病院で一度相談してみるのも手ですよね。せっかく真剣に取り組む気になったのですから、ちょっと敷居が高い気もしますが思い切って飛び込める勢いはあると思います。行動するには慎重さも必要ですが、時に勢いも大切ですからね。